損害賠償のポイント

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

裁判において、頭痛、めまいなどの諸症状の原因が低髄液圧症候群にあるということを認定してもらうためには、その問題となっている交通事故の衝撃がどの程度のものであったかということが深く関係します。その交通事故の内容が軽い追突事故で、症状がむち打ち症程度であった場合には低髄液圧症候群であると認められにくい傾向にあります。一方、その事故により顔面強打があったり、骨折をしたりと、交通事故の衝撃が原因となり、髄液が漏れ出す可能性が高いと考えられる場合においては低髄液圧症候群であると認められるケースもあります。

低髄液圧症候群は座っている状態などから立ち上がる際に症状が現れるといった特徴があるため、症状としてこのようなものが見受けられる場合には禎瑞画圧症候群との関連性が強いと認められやすくなります。また、複数の検査による所見から低髄液圧症候群と認められるのかどうかというのが大きなポイントとなります。低髄液圧症候群の検査方法にはRI脳槽シンチグラフィーによるRIの残存率、CTミエロ、脊髄MRIミエログラフィーによる造影剤などがあります、造影剤を使った画像検査によって造影剤の硬膜外への漏出が確認されればそれは有力な証拠となります。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

低髄液圧症候群とは

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

低髄液圧症候群とは交通事故の衝撃などの影響により髄液が漏れ出して少なくなり、それにより頭痛、めまい、耳鳴り、首の痛み、視力の低下、全身の倦怠感などの症状を発症する病気のことを言います。通常、髄液は硬膜と脊髄の間にあるくも膜下腔と呼ばれる位置に存在し、脳や脊髄の表面を流れています。低髄液圧症候群には座っている状態から立ち上がる際、症状が悪化してしまうという特徴があります。交通事故に詳しい弁護士の間では脳脊髄液減少症とも呼ばれています。日本ではまだあまり知名度の無い病気です。

症状は頭痛に限らず,そのほかにも,気分が悪くなり,吐き気がすることや,ひとつの物が2つに見えること,耳が聞こえにくいこと,首が痛いこと,視野が狭くなること,めまいなどが臨床症状として認められています。 その後,髄液圧が低下していないのに,同様の症状が現れている例が相当数あることがわかりました。そうして,次第に,上記症状は髄液圧の低下が必ずしも原因ではなく,髄液の漏出による髄液減少に原因があることがわかってきたのです。この見解に立つ医師らは,こうした病態を低髄液圧症候群と区別して,脳脊髄液減少症と位置づけています。

低髄液圧症候群になる要因の最も多いものとしてむち打ち症があります。追突事故などが原因でむち打ち症の症状が発症し、後遺症として激しい頭痛、めまいなどの症状が長く続くという場合には低髄液圧症候群の可能性があります。

低髄液圧症候群はその病気自体の認知度が低いことから、これを理由として慰謝料の増額を行うことが非常に難しいです。実際に過去の判例などでは頭痛やめまいの症状の原因が低髄液圧症候群であると認められたケースもありますが、交通事故案件に強い、経験豊富な弁護士のサポートがなくてはほとんど不可能だと言っても過言では無い程です。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

交通事故の後遺障害

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

交通事故などの人身事故によって被害者となってしまった場合、後遺症の心配があります。後遺症について充分な知識を有しているという方はあまり多くないかもしれません。後遺症というのは交通事故などで負った怪我のうち、一定期間治療をしても治らないもの全般を指しますが、その中でも後遺障害と呼ばれるものは保険金や賠償金などを受け取る上でとても重要なキーワードとなります。後遺障害の認定は医師などの診断書などによりその可否や種類が決定されます。後遺症等級という分類もあるので交通事故の被害者が自分がどのケースにあてはまるのかということをきちんと把握しておく必要があります。とは言え、なかなか1人ですべてを把握するのは難しいというのが実情です。そのようなときは専門の弁護士に依頼し、代理でやってもらえる部分に関しては任せてしまうというのも有効な手段と言えます。

怪我が完治せず、症状固定となったあとに残る障害で、医師による後遺障害診断書などに基づき等級認定を受けたものを後遺障害と言います。主な交通事故による後遺障害の種類はむち打ち、低髄液圧症候群、高次脳機能障害、外貌醜状、上肢機能障害、下肢機能障害などです。このような種類について知り、どのようなケースに被害者の状況が該当するのかなどに関して、担当の医師や専門の弁護士とやり取りをしながら認定に関する手続きをすすめていくことが妥当な保険金や賠償金を受け取れることにつながってきます。当サイトでは後遺障害について、その中でも特に低髄液圧症候群について役立つ情報をお伝え致します。ぜひお役立て下さい。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket